タイのATMからデビットカードで現地通貨バーツを下ろしてみた

MONEY

タイのATMからデビットカードで現地通貨を下ろしたい。やり方を教えて。

 

 

たった数日間の旅行や数ヶ月の滞在なら、現地通貨は前もって用意してきたり現地に着いてから円を両替するのが普通ですよね。

今回の滞在では日本から持ってきた円と、今までの滞在でタイの口座に預金しておいたバーツで賄うつもりでいました。

いざとなったらシティバンクからバーツを引き出せばいいやと考えていたのです。

ハルオ

しかしその”いざ” が来てしまいました!

バンコクのシティバンクは、アソーク交差点のインターチェンジビルの中。

さっそく行ってATMへカード挿入。シティバンクはカードを入れて抜いてから暗証番号入力。

しかし、何度やってもエラーに。

他のシティバンクでも試してみようとシーロムへ移動して再び挑戦するも、ここでもだめ。

ハルオ

磁気が駄目になってしまったのだろうか?

どうしてもすぐに現金が必要だったため、その時はやむなく友達に借りることにしました。

とりあえずどうにかなったものの、残りのタイ滞在中どうしたものか。

カード支払いできるものにはカードを使ったとしても、現金はやはり必要。
何かのときにはシティバンクがあるからと安心しきってたため、他の代替案は全く考えていませんでした。

 

クマオ

クレジットカードでキャッシングすれば?

しかし、それはしたくなかったのです。

なぜなら数年前、日本に帰国した空港で円がまったくないことに気づき、
銀行カードも置いてきてしまったため仕方なくクレジットカードでキャッシング。

その後の請求書をみたら手数料(金利)がバカ高くて驚いた!なんてことがあったから。

ハルオ

最近よく耳にする『デビッドカード』*を作って日本から送ってもらう!

*クレジットカードと違い即座に口座から引き落とされるシステム

これなら日本の口座預金からタイのATMで現地通貨のバーツを両替せずにそのまま引き出せるし、もともと口座のある銀行ならネットで申し込めすぐにできる。

そうしてカードは完成し、家族から送ってもらいバンコクに無事カードが到着。ATMでバーツを引き出すことができました。

クマオ

でも郵送代とか考えると、それって…。

デビッドカードは1枚あると安心。

店舗での支払いにも使えるし、クレジットカードが作れない、作りたくない人でもOKなのもいいですね。

今回作成したカードは、年会費が無料で現地通貨の引き出しでもポイントが貯まる、楽天銀行JCBにしました。

現地ATMでの使い方

①カードを入れて暗証番号を入力

②言語選択が出た場合は日本語 → 引き出し → 普通口座 → withdraw

③手数料は220バーツ。両替なし( No, continue without conversion )を選択

④カードをすぐに抜き取る(タイは一定時間経つとカードがATMに吸い込まれてしまう)

⑤現金を取り出す

※ 楽天カードキャンペーン情報は楽天キャンペーン公式サイト

 

海外旅行保険自動付帯のクレジットカード
年会費永久無料!エポスカード

EPOSカード
 

タイトルとURLをコピーしました