当サイトは「PR・アフィリエイト広告」を利用しています

健康・タイ薬

バンコクで買えるAGA治療薬【外用薬】を試してみた!

タイで暮らしている間に、薄毛が気になってきました。男性の薄毛の原因は主に2つ、男性ホルモンによるものと、加齢によるものです。

薄毛や抜け毛が、加齢によるものなら仕方がありません。が、もし男性ホルモンのせいならAGA治療でまだ間に合うかもしれません。AGAとは、男性型脱毛症です。

そこで、タイ(バンコク)で買えるAGA治療薬の外用薬(塗布タイプ)を試してみることにしました。

 

AGA治療薬の種類

  • 内服薬
  • 外用薬

 

処方箋がなくても、内服薬の購入も可能ですが、今回はクリニックの受診は行わず、副作用の心配が少ない塗り薬タイプの3種類についてご紹介したいと思います。

 

AGA治療【内服薬】の副作用例

  • 肝機能障害
  • 性欲減退
  • むくみ・口の渇き
  • 動機・頭痛

 

試してみたAGA治療【外用薬液体】3種類(ミノキシジル配合5%)

日本のAGA対策【外用薬】で有名なものには「スカルプD」「リアップ」「リグロEX」などがあります。これらの商品には『ミノキシジル』が配合されています。

ミノキシジルは、もともとは血管拡張薬。その副作用のひとつに、多毛症があります。血流が良くなるため、発毛効果があるようです。しかし、ピンポイントにほしい箇所だけだっり、誰にでも毛が生える、というわけにはいかないのが惜しいところです。

薬の効果や、副作用には個人差があります。

 

Reten


[内容量]30ml
同封されているスポイトで適量を頭皮につけ擦り込む。ニオイ、ベタつき感はほとんどない。価格は180バーツ〜

 

 

nuhair5

[内容量]60ml
スプレー式で必要箇所に吹きつけ擦り込む。ニオイ、ベタつき感はRetenに比べて少しあり。他にミノキシジル2%と3%あり。価格は400バーツ〜

画像引用:Lazada

 

REJEN

[内容量]70ml
スプレー式で必要箇所に吹きつけ擦り込む。ニオイがかなりキツく、外出時の塗布は厳しい。ぬめり感が少しある。価格は300バーツ〜

画像引用:Lazada

 

使用方法 Q&A

いつ塗る?

1日2回(朝と夜)浸透させるため清潔な乾いた頭皮が理想

 

いつまで塗るの?

効果が出始めるのは3〜6か月後から

 

効果はあった?

Retenが使いやすく、ニオイもないのでリピートしています。時折つける程度ですが、塗った箇所の産毛が増えてきたように感じます。毎日つければ、効果はもっとあるかもしれません。これからも続けてみたいと思います。

 

AGA外用薬の副作用は?

皮膚のかぶれ・痒みなどの症状が出る人もいます

 

実際のAGA治療に必要なのは【抜け毛を防ぐ】+【髪を生やす】の両方です。ミノキシジルで髪を生やす効果はあるかもしれませんが、抜け毛治療薬は、AGAクリニックでしっかり診察した上で、飲んでみようと思います!

 

\ 初月税込1,000円[初診料+カウンセリング+内服薬] /


東京院・大阪院

 

日本で買えるミノキシジル配合外用薬

 

 

 

>> 銀クリで育毛無料診断

-健康・タイ薬
-